読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学部合格応援団!英語で満点を取るための演習ブログ

ロンドンから月水金更新。英検1級の公認会計士が、入試でよく出る英文法や単語を詳しく解説しています。

順天堂大学医学部の予想問題 ― サクセス・ストーリーの解説 4/6

デンマークの有名料理店ノマの経営者にのぼりつめた、アフリカ出身のソンコさんの記事からの出題でした。順天堂大学医学部の出題形式に合わせた予想問題本文はこちらです。

medicpress-harada.hatenablog.com

今日は第3段落から。

③After 14 years of cleaning the plates at Noma after meals / ノマで14年間も食後の後片付けをした後で

that have included live shrimp, / その食事というのはエビの生け造りや

ants that taste like oranges, and sea coriander, / オレンジの味がする蟻やシー・コリアンダーを含むのだが、

 

★Mr. Sonko will now take on added duties as host. / ソンコ氏はレストランのホストとしての新しい仕事に取り組む。

 

ここでは特に、設問も難しい言葉もありませんでした。take on added dutiesのdutyは「義務」「税金」などがおもな意味ですが、これまでの皿洗いの仕事に加えてオーナーとしての仕事も増えるという文脈で浸かってあります。take onはtake upでもいいです。「新たに加える」というイディオムです。

 

★The restaurant, / このレストランは

which recently closed its original branch, / 最近第1号店を閉めたのだが、

will reopen in December / 12月にリオープンする予定だ。

in a new location, / 新しい場所で

retooled as an urban farm./ 都会風の農家としてリノベーションされて

 

retoolは見たことなくても、名詞toolは知っていると思います。日本語でもツールとして使いますよね。これに「再び」という意味の接辞がついているので、つまり道具を使って再度作り直すという意味です。

ノマぐらいの有名レストランになるといくらでも関連記事があります。この移転の話も長い記事になっていました。カリスマシェフが気に入った廃屋を作り変えるようです。ものすごいボロ家なので、どうリノベーションされるか楽しみではありますが。

https://www.nytimes.com/2015/09/16/dining/noma-rene-redzepi-urban-farm.html?_r=0

 

第4段落は、内容要約の質問が出ていました。

④Mr. Sonko says / ソンコ氏は言う。

he plans to spend at least part of his time / 少なくとも時間の一部は過ごすつもりだと

by the sink at the restaurant, / レストランの洗い場で

which has won the top spot on the San Pellegrino World’s 50 Best Restaurants list / (このレストランは)サンペレグリノの世界ベストレストラン50で1位に輝いたことがあるのだが

four times. / 4回も

 

★The list is one of the most sought-after honors / このリストは最も手にしたい称号の1つだ。

for restaurateurs. / レストランのオーナーたちにとって

 

restauranteurはなんだか難しい綴りですね。そうです。元がフランス語だからです。フランス語が元の単語は、妙な綴りが多いという話は、以下のエントリーで取り上げました。

medicpress-harada.hatenablog.com

起業家entrepreneurから派生して、レストランで起業する人のことをrestaurant + eursという単語にしているのです。

 

(2) Paragraph ④ implies that                       .

この段落の正誤を聞く問1(2)の選択肢は、以下の通りでした。

1. Mr. Sonko still intends to keep on washing dishes at times / ソンコ氏はまだ皿洗いを時々続けるつもりだ。

although he is one of the restaurant owners./ レストランの共同経営者にはなったものの

2. The San Pellegrino World’s 50 Best Restaurants list contains / サンペレグリノが選ぶ世界ベストレストラン50は、以下のリストから成る。

restaurants which serves eccentric food such as edible dirt./ 食用の土など、エキセントリックな料理を出すレストランの

3. Mr. Sonko is done washing dishes / ソンコ氏はもう皿洗いは終わりで、

and he is now ready to enjoy his success as the restauranteur./ 今後はレストランオーナーとしての成功を楽しむつもりだ。

4. Mr. Sonko is ready to leave Denmark for good / ソンコ氏はデンマークを永遠に離れるつもりだ。

to return ton Gambia, his home country./ 故郷であるガンビアに戻るために

 

もう第4段落を読んだので、正解は選択肢1だとすぐ分かりますね。

選択肢2でエキセントリックなレストランのことが書いてありますが、これはたまたまノマがそういう実験的な創作料理を得意としているだけで、ベストレストラン50のリストがそういうレストランを特集しているわけではないので誤りです。

選択肢3のdone ~ingというのは「~するのはもう終わりだ」「~はもううんざりだ」というイディオムです。I’m done with you.といわれてしまうと、「もう付き合っていられないよ」という見捨てられた言い方です。反省してください。

選択肢4のfor goodも大事なイディオムです。「永遠に」という意味です。

f:id:medicpress-harada:20170413065950j:plain

2週間前、ポーランドに初めて出張した時はまったく独りだったのですが、今回はほかの監査も同時進行で、色々な国から同僚が来ています。で、夜は大宴会。月曜に食べ過ぎてつらかったし、飲みニュケーションは苦手なので昨日は引きこもっていましたが、2日連続でそういうわけにもいかず今日は参加してきました。

昨日は3時間もウォッカの飲み比べをしていたそうなので、行かなくて正解!二日酔いで仕事の効率が落ちたら、査定を悪くするぞーーー。気をつけろーーー。

今日のレストランは、地下にシガールームまであるおしゃれなイタリアンでした。写真は2枚とも、このレストランのものです。今夜のメンバーはアメリカ人3名、ポーランド人1名、イタリア人1名、インド人1名、そして日本人が私1名で合計7名。

f:id:medicpress-harada:20170413070021j:plain

メインは、ホロホロ鳥のグリルを美味しくいただきました。でもその後も、やれデザートだコーヒーだやっぱりウォッカだと、3時間もかかって参りました。ホテルに戻ったらもう夜11時!

明日の夜10時の飛行機でポーランドを発つので、今からお風呂と荷造りです。