医学部合格応援団!英語上級者向け演習ブログ

ロンドンから月水金更新。英検1級の公認会計士が、入試でよく出る英文法や単語を詳しく解説しています。

センター予想問題 — 英語の発音・問Bの解説

こんばんは。週末を過ぎても絶賛時差ボケ中の原田です。土日も含めて毎日1時や2時に起きるので、1日が長くてたまりません。朝日が4時半には出るから、それも早起きの原因かも。日暮れは夜9時で、とても日が長くなっているロンドンです。あと10日もしないで夏至だからね。

f:id:medicpress-harada:20170121040655j:plain

センター試験対策で、発音問題を出していたのでした。今日は問1のBの解説です。一番強く発音する部分は、赤字で示しました。音節ごとに「・」で区切って表示しますね。母音ごとに区切るのでした。覚えていますか?

予想問題本文はこちらです。 

medicpress-harada.hatenablog.com

B 次の問い(問1~4 )において、第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つと異なるものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

問1 せっかくなので、まとめて覚えやすいように似た単語から出題しています。問1はtyで終わる名詞ですね。

① university 「総合大学」。単科大学はcollegeで、規模がずっと小さいです。

区切り方は、uni・ver・sityで第二節にアクセントが来ます。

 

② probability 「可能性、蓋然性」。形容詞probableが元です。副詞はprobablyで「おそらく」

母音がいっぱい入る単語なので、細かく区切ります。pro・ba・bi・li・tyと、第三節にアクセントが来ます。

 

③ diversity 「多様性」「ダイバーシティ」。多国籍企業や一流大学で最近大切にしている概念です。色々な人種や宗教、性向の人が混じることでお互いの理解を深めよう的な考え方です。

区切り方はdi・ver・si・tyで、第二節にアクセントが来ます。

 

④ ethnicity 「人種」。人種的背景はethnic background、宗教的背景はreligious backgroundといいます。エスニック料理はethnic foodやexotic foodです。

区切り方はeth・ni・ci・tyで、これも第二節にアクセントが来ます。

 

問2は、lyで終わる副詞を集めました。

① unfortunately 「不運なことに」。形容詞は名詞と同じくunfortunateです。

un・for・tu・na・te・lyと細かく区切れて、アクセントは第二節です。

 

② accidentally「偶然にも」。事故のaccidentから来ていますが、意味がかなり変わるので注意!by accidentやIt was pure accidentも「まったくの偶然により」という意味になります。事故であって故意じゃないという意味から派生しています。 

a・cciden・ta・llyと、第三節にアクセントが来てこれが正解です。

 

③ remotely「遠くから、遠隔操作で」。リモコンはremote controlです。家庭内では略してremoteと呼びます。 

re・mo・te・lyと、これも第二節にアクセントが来ます。 

 

④ amusingly「面白いことに」。形容詞はamusingです。顔がにこにこしてしまうような面白さを指します。一方でinterestingは知的好奇心をそそられるような面白さを指し、腹を抱えるような面白さであるfunnyやhilariousとは使い方が異なります。

a・mu・sing・lyと、これも第二節にアクセントが来ます。正しく音節を区切れないと誤ってしまいますね。

 

問3はphの入る名詞を集めました。

① phenomenon 「現象」。発音も意味もよく出る単語です。

phe・no・me・nonと、第二節にアクセントが来ます。たいていの単語が第二節にアクセントが来るな、とこれがデフォルトっぽいことが分かります。

 

② photography 「撮影」。写真本体はphotographで、カメラマンはphotographyです。一緒に覚えましょう。

pho・to・gra・phyと、これも第二節にアクセントです。ただしphotographだと第一音節が一番強いです。

 

③ autograph 「(有名人などの)サイン」。役所の手続きなどでサインする場合は、signatureですが、ファンがセレブのサインをねだる時は、May I have your autograph?とTシャツなどを差し出します。

つづりが②で紹介したphotographに似ていますね。発音も似ていて、au・to・graphと第一音節にアクセントが来ます。

 

④ philosophy「哲学、基本理念」。これまた入試頻出の単語です。意味も綴りも完璧にしておいてください。

発音には何らてらったところはなく、phi・lo・so・phyと第二節にアクセントが来ます。

 

問4はllyで終わる副詞を集めてみました。

① tragically「悲劇的なことには」。名詞の「悲劇」tragedy、形容詞の「悲劇的な」tragicも一緒に覚えましょう。

tra・gi・ca・llyは、第一節にアクセントが来ます。上に挙げた他のtraで始まる単語も、第一音節が一番強いです。

 

② wonderfully「すばらしいことに、大変上手に」。元の名詞wonderは「不思議」という意味なのですが、不思議がいっぱいになるとwonderful「すばらしい」という意味になるのは面白いですね。

発音は①と同じくwon・der・fu・llyと第一音節が強いです。 

 

③ beautifully「大変美しく、大変上手に」。意味までwonderfullyに似ていますが、元の形容詞はもちろんbeautifulで、外見の美しさを表します。同じ上手でも、とても出来そうにないことをやったらwonderfullyで、様式美を褒める場合はbeautifullyと使い分けます。

発音はbeau・ti・fu・llyと、第一音節にアクセントが来ます。最初のbeauだけだフランス語で「美しい」という形容詞です。ボーと発音します。

 

④ coincidentally「偶然に」。問2で出たaccidentallyの同義語です。by coincidenceも難関大学なら出題されます。「偶然に」というイディオムです。

coin・ci・den・tallyと、アクセントは第三音節に来ます。この点もaccidentallyそっくりですね。

 

発音で覚えておくべき3つのポイントは、数ヶ月前に記事にしました。復習しておきましょう。

medicpress-harada.hatenablog.com